2016年2月28日日曜日

本日は快晴!

快晴!でもちょっと煙ってる?黄砂??


どうもこんにちは。
試験はまだ終わっていません(^_^;)

昨日も今日も快晴で、できることならツーリングとかツーリングとかツーリングとかしたかったのですが、夜ふかししてしまってできませんでした。
まあ、試験があるのでどちらにせよ。

ジャスミン号のOHは順調です。
試験の合間合間にやって、昨日やっとのこさクランクが開きました。

また一段落ついたらレポートしようかと思います。
2016年2月20日土曜日

20160218近所散策

朝の舞鶴クレインブリッジ

...と缶コーヒー


朝早くに起きて天気を確認、ちょーっと走らせるのもなかなかに乙であります。

大きなバイクに乗っておられる方やバイク全盛期におられた方々からするとカブなんて仕事用・おじいちゃんおばあちゃん用といったイメージでしょうが、"所詮カブ"であっても乗っていると楽しいものです。

もちろん私は"所詮カブ"などとは思ってもいませんが。
カブ命ですので...(^_^;)

自分の周りにもカブ好きが増えますように。


P.S.
試験中ですのでなかなか更新できますん...^^;
2016年2月14日日曜日

バイクに乗る理由、カブに乗る理由

世の中には言葉では表現できないことがたくさんあります。

見てきた風景、聴いた音、その時の気持ち、あの場所の空気感とかあるときに感じた現実感とか、自分の思っていることを完璧に表現できないもどかしさ。
もちろん部分的には他人に伝えることができますが、言葉にした後には伝えたいと思ったことの殆どが失われています(私の文才の無さが問題かもしれませんが)。

もちろん、バイクや原付やカブに乗る理由だってそうなのです。
多くの人が(多分)そう思っているように、私も自分がカブに乗る理由のすべてを分かっていません。


――なぜ乗るのか。


「旅がしたい」「乗っていて楽しい」「弄っていて楽しい」「燃費」「カワイイ」「屋根に囲まれた車やビッグスクーターの快適さの中では味わえない感覚がある」etc...

と、表面的な理由はいくらでも挙げられるのですが、果たして本当の理由はこの中には無いような気もしてくるのです。

当然、自分でもよく分かっていないのだから他人にその感覚を伝えることなど不可能です。
似たような体験をした人にはおおよその感じを伝えることができますが、そのようなことがない人には10%も伝わたないだろうと思います。


最後に。

この世の中は、実際に体験することでしか味わえないことで満ちている。

2016年2月11日木曜日

Bloggerの動的テンプレート

雨カブ(動的テンプレート)<-PCのみ?


このBlogはGoogleの提供する"Blogger"で動いています。
他のBlogサービスにありきたりな強制広告表示はありませんし、Googleフォトは実質容量無制限で写真をアップできるし、デザインの自由度も高い。

で、最近になって知ったことが冒頭アドレスの"動的テンプレート"。
これ、標準のデザインの他に動的な動きでBlogを閲覧できるというスグレモノです。

少々スペック依存なのが玉に瑕ですが一度ご賞味あれ。
2016年2月10日水曜日

ジャスミン号、初OH

ア・・・、スナップリングプライヤー実家に忘れた......


こんにちは。

冬は雨や雪だと「ああ、冬は寒いなぁ...」とただ感じるのですが、晴れの時はぐずついた天気の時と違って風がすごく寒く感じられ、寒さにも感じ方の違いがあるのだなあと思う今日このごろ。
明後日は追試が控えており、さらに一週間後には試験があり、おまけに終わるとレポートの提出があり、なんだ学年末ってコノヤロー、と学生が現実逃避にはしる時期でもあります。

かく云う私も現実逃避の真っ最中。
ジャスミン号のエンジンをOHしています。

工具が届かなくてあまり進んでいないのですがただいま腰下の分解ちう
ナンダコレナンダコレスバラシイ...と独り言を言いながらはじめて見るエンジンの美しさに魅了されています(笑)。
2016年2月8日月曜日

アルコールストーブについて調査

前回アルコールストーブもどきを作ってみたのですが、なんだかサイドの「ジェット穴」と呼ばれるところから火が出ませんでした。
そんなわけで、原因を調べると共にアルコールストーブについての云々も調査してみました。

まず、アルコールストーブとはなんぞや?という話です。
アルコールストーブはその名の通りアルコールを燃料としたストーブのことです。
キャンプ用語において「ストーブ」とは「調理器具としての熱源」の意味ですので、暖を取ることが主目的ではないみたいです。
燃料のアルコールには「ケンエー製薬の燃焼用アルコール」がよく使われるそうで、私も薬局でそれを購入しました。


次に、アルコールストーブの種類を以下に挙げてみます(wikipediaの丸コピですアハハ)。
ちなみにこの他にも派生がたくさん存在するようです。
1. オーソドックス型
2. サイドバーナー型
3. 加圧型
4. ペニーストーブ
5. 逆ツーピース型
6. キャットストーブ
7. スーパーキャットストーブ
8. サイクロン
私が作ってみたのはオーソドックス型と呼ばれるもので、上部品と下部品、仕切り用の板の3部品から構成される入門機です。
アルコールに着火し、主に仕切り板を通して液体のアルコールが加熱され、気化したアルコールがジェット穴に到達、着火。といったプロセスで本燃焼がなされるそうです。

私の自作物のジェット穴から火が出なかった理由は、
1. 本燃焼していなかった
2. 気化したアルコールがどこかの繋ぎ目から抜けた
3. 穴が小さかった
などなど色々と考えられます。
寸法も測らずかなりいい加減に作ったのでもはや何が原因やらわかりません。
次からはちゃんと作ります...


で、調べた結果「スーパーキャットストーブ」と呼ばれる奴がすごく簡単(穴を開けるだけ)だったので次はこれを作ってみようかなと思います。

カブ号ステッカー

色補正かけて印刷。微妙...??
すぐに剥がれそうです...
2016年2月7日日曜日

アルコールストーブ

最近、キャンプ道具やらキャンプ道具やらキャンプ道具やらが気になって仕方がありません。
シュラフやテントは安いやつを持っていますが、モンベルのシュラフムーンライトテントといった高いやつが欲しくなってきました。

今持っているシュラフはペラペラで寒いですし、テントはクロス式で建てにくいのです。
まあ、こうやっていろんなものを望むのはあまりよろしくないかと思いますが。
しかし、来年度休学して日本一周するとなるといろいろな道具が必要になるのもまた事実です。
クッカーやストーブやテーブル、カブのキャリア増強などなど色々と。

その中でも、いろいろ調べていくうちに興味を持ってしまったのがアルコールストーブ(以下アルスト)。

アルストとは「アルコールを燃料としたストーブ(調理器具の意。)」なのですが、もちろん燃料は同じでもその形状や設計の違いによって燃費や火力、携帯性などが違ってきます。
自作ならそこら辺をちょちょいと弄れますし、そうやって自分なりの味付けを求めるのはなかなかに楽しいことでしょう。

で、思い立ったが吉日メソッド。


作ってみました。
でもなんかインターネットで見た奴と火のつき方が違うような...
見様見真似でやってしまったので今度構造を調べてみます。


手元にあったCCレモン缶x2で本体を作り、カブでアルコールとチャッカマンを買ってきました。
本体自体は30分もかかることなく製作可能です。

比較するものが何もないので、へぇ〜...って感じですがゆらゆらと燃える青い炎は美しいと思いました。
また、五徳をもっていなかったのでお湯を沸かしたりはしていませんが、旅先キャンプ先にてこれでコーヒーや紅茶などなどを沸かすのは素敵だなあ、と。

一度既成品も使ってみたいものです。

2016年2月6日土曜日

日本ブログ村ランキングバーナー

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ


片手間に作ってみました^ ^ 
案外簡単に作れますねぇ...

4速ミッション入手!

みなさまご無沙汰しております。
風邪やインフルエンザといった病気にもかからず元気っちゃ元気ですが試験2週間前を切っているため陰鬱としております。

さて、最近リトルカブ AA01E(たぶん。02かもしれない...)の4速ミッションを入手しました。
新品未使用で降ろしたままの状態です。やったね!


( ゚∀゚)o彡°新品! 新品! 


試験が終わったら本格的にOH&4速化をすべく、生活費を削って着々と工具を揃えています。

おかげでうどん中心生活になりました。ありがとう、4速ミッション。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...