2016年6月10日金曜日

【日本一周2016】5日目 能登半島

5日目。曇り&雨。

朝はいつも通り5時起き。
白米1合とのりたまで朝食をとってパッキングし、7時くらいに道の駅・とぎ海街道を出立です。


途中で「義経の舟隠し」や鳴き砂で有名ですが雨で鳴かなかった「琴ヶ浜」(笑)に寄り道しながら輪島へ。

▲源泉掛け流しの足湯。最高!

街の中に源泉掛け流しの足湯(無料!)があったので、雨の中走って冷えた体を温める...♨︎

輪島は漆器やキリコというもにが有名ですがスルーしました。
そして世界産業遺産の白米千枚田へ。

▲白米千枚田。

広角のレンズが死んだので一眼は望遠しか使えない...
糸魚川に家から送ってもらった荷物が届く予定なのでアマゾンで配送先を一緒にしてレンズを購入しました。



お昼ご飯は道の駅で。500円でおにぎり2つと味噌汁のセット、および180円でおにぎり1つトッピング。あと千枚田ソフトをいただきましたが海水がかかっていていい感じの塩気がおいしかったです。


そのあとは半島の先端部を目指し北上。道の駅・狼煙というところで21歳の旅人と出会います。

▲新型カブ!

彼は大阪の摂津から4日かけて来たとのこと。僕より1日少ないですが移動距離多いですね〜

リアカーでぶらぶらしている東京のおっちゃんともも出会いました。


▲緑剛崎灯台、望遠なので広さが伝わらない海。

最果て。まだ本州のほんの半島の先端でしかありませんがこの感動は大きいです。
一面に広がる雄大な海は見る人の感情引き出します。なんだか泣きそうになるよネ☆ミ


旅人さんと別れて一人海岸沿いをぶーらぶらと走行。

▲見附島!

▲接☆吻

最後は道の駅・なかじまロマン街道で。
さっきの21歳のかたもここで泊まるらしく、図らずとも一緒に。
浜松ナンバーの70代のおっちゃんも一緒になり会話を楽しみました。

浜松から日本海側へ行って東北をあてもなくさまよい(本当は迷子らしい)また能登半島へ戻ってきたとのこと。
旅はナビがない方が楽しい!とか小説が好きで50冊くらい積んできたけどこの前会った旅人にあげちゃったとか、今は1日に1つ道の駅を進む旅をしているとかとか...。

酒はいっぱい積んでるんだけどちょうど食料とか切らしてるんだよね〜とバナナ、缶コーヒー、小説3冊を頂いてしまいました><

こうやって知らない人と笑いながら会話するのが旅の醍醐味!
それを思い出させてくれた1日でした(( ˘ω ˘ *))

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...