2016年11月24日木曜日

【日本一周2016】初冬の訪れ

数日前までは半袖で生活できていた石垣島も、夜は長袖がないと厳しい寒さになってきました。
ブログでの報告が遅れましたが僕は現在石垣島にて職業:旅人から職業:バイト戦士にジョブチェンジしました。

今日も一日頑張るぞい!(違

この旅で2回めのバイトですが、思えば北海道でバイトしたことも本文としてはまだ書いてないんだよな(笑)
あのバイトも今となってはとても楽しい思い出です。

ちなみに気になるバイトの期間は11月13日~12月5日とだいたい3週間くらい。
時給は900円位、まかない+寮付きという天国のような環境で戦っています。

冒頭で天気の話題を少ししましたが今日11月24日は東京で雪が降ったらしいですねぇ。
なんでも聞くところによると11月に雪がふるのは54年ぶりだとか。
石垣島も来た頃は連日30度を超える猛暑でしたが今は雨続きでちょっと寒いです。
晴れたら暖かくなるといいね(。-ω-)zzz


なんともそっけないですが今回の生存報告は以上です(笑)
ではまた、どこかでお会いしましょう。



にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
そういえばこのブログのファビコンって僕の過去のブログのファビコンなんですよね。

2016年11月9日水曜日

【日本一周2016】41日目 知床へ

はっはっはーみんな、おっまたせー!

北海道編から急に関東編に飛び、次に書いたのは一時帰宅の記事。
まさかまさかとは思いますが、今回は失われた北海道編を書いちゃいます!(テヘペロ
とはいってももはや記憶の捏造が始まっているかもしれないですが...(笑)

それでは日本一周本編、41日目をどうぞ~





7月15日、日本一周41日目。
一応おさらいしておくと、昨日は網走監獄と霧の摩周湖へ行きライダーハウス・クリオネにてダッチワイフに囲まれて就寝。

▲クリオネ。夜になるとネオンかLEDでハイカラな感じになる...はず(記憶喪失

あばよクリオネ!


▲斜里町、"天まで続く道"

この日はじめに行ったのは、クリオネからほど近い場所にある通称"天まで続く道"。
ちなみに僕の情報源はだいたいツーリングマップルです。

曇り空で少しわかりにくいですけど、たしかに目の前の道が天まで続いていています。
ここでしか見れない光景かと言うとそうでもないような気がしますが、はてさて。


そうそう、写真撮ってたらヒロヤさんが登場しました。
実は昨日もクリオネで一緒だったんですよ~ヽ(´ー`)ノ
まあその前の晩も一緒だった気がしますが。(ちなみにわっきーさんとはずっと一緒ですはーと))

にしても似たようなシルエットですね(笑)



ジャンプ撮影したことがないというヒロヤさんを誘って撮ってみました。
そういやぁ北海道抜けてからはあんまり跳んでないなぁ。

ちなみにこの時使っていたOLIMPUSのミラーレス一眼 EM-10はタイマー機能を使用すると連写できない仕様でした。
だから上の写真をよく見ると地面にiPhoneが(笑)
これでシャッター押すのと同時にストップウォッチで時間計ってたわけです。


▲知床、オシンコシンの滝

北海道をぐるりと時計回りで回っているので斜里の次は知床。
名前だけは何度も聞く知床ですが、特に何が有名かなんて知りません。


Sake...鮭?
たしか有名だよね?美味かったですよヽ(´ー`)ノ


・・・知床...ヒグマも有名?
あぁ、そう言えば木彫りのアレがお土産として有名ですよね。

そう、『熊食い鮭』。

ってちゃうわい!w
なんで熊が食われとんのや!!ww

・・・ハイ。


▲いやぁ、相変わらず北海道は果てしないですね。

写っているかたは一昨日サロマの道の駅で出会った日本100名山制覇中の旅人さんです。
写真撮ってたら風で倒れてしまったカブ君を一緒に起こしてくれました()。



はぁーブログ書くのってめんどくさいなー。
1枚めは知床五湖の一部です。ほかは知床峠の写真。

知床五湖は全部回ると本格的なトレッキングになるので1湖で我慢。
1湖見るためだけに駐車料金取られるのはなんだかなーって感じです。行くなら全部見よう。

知床峠は雄大な知床の大地を感じることができてとても気持ち良かったです。
道は広くてワインディングも緩やかで、カブじゃあんまり攻めることもできませんが、走っていて本当に気分が良くなる道でした。

ちなみに4枚目で遠くに見える島が北方領土の国後島。
北海道のを走っていると「北方領土返せよオラァ!」的な看板をよく目にするのですが、この時まであまり深く考えず「右翼的だなぁ」としか思っていませんでした。
でも実際に島を目にするとあら不思議。もっとみんなこういったことについて考えるべきだという気がしてなりません。

おっと長くなったな...


▲熱さで有名な熊の湯温泉
▲羅臼側の海辺にある瀬石温泉

ちなみに北海道には無料で入れる温泉がいっぱいあります。
泉質が良かったり、ロケーションが良かったり、これぞ野湯!って感じのやつもたくさん。
次は雪の降る頃に入ってみたいですが難易度が高いですからねぇ。。。

露天風呂戦士さん、どうですか?(笑)



・・・おっと、記憶が曖昧とか言っておきながら冗長なブログになってしまいました。
このあと少しはしって道の駅・おだいとうの情報スペースで就寝。
WiFiがとても早かったように記憶しております。(ちなみにわっきーさんとヒロヤさんも一緒です♂)



それでは。



にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
やったぜ更新できた!!()