2016年12月24日土曜日

【2016-2017年越し宗谷】リアルタイム更新できたらいいな?

  • 12/24 15:45
タイトル通りなのですがここで悲しいお知らせです。
敦賀-苫小牧便が欠航しました(白目)
苫小牧で用事があるんだけどなぁ...舞鶴-小樽は出るらしいからそっち乗るかぁ。

17:23
test upload.

22:45
舞鶴港なう
25:30出港予定の便に乗ります


12/25 21:00すぎ
小樽港着。

クソみたいに重たい荷物を抱えて氷上を数百メートル歩きじゅえるさんに教えてもらった小樽温泉オスパへ。
とりあえずとなりにあったセコマで一服( ✌︎'ω')✌︎


12:26 12:21
オスパを出て徒歩で南小樽駅まで行く。傾斜10%はさすが坂の街だなぁって感じ。大量の荷物持ってるから手が痛い。

千歳で乗り換えて12:30前に苫小牧着。
千歳駅前のゲオで本買ったししばらく苫小牧駅で休憩。


22:50
苫小牧自遊空間着


12/27
とりあえず苫小牧から千歳まで走る
圧雪路面がガタガタで、まるで想像していた北海道とは違う

千歳のホームセンターで電装系を整備、フォグランプをつけて...あっそういえば報告が遅れましたねぇ。

はい、07を増車しました。
走行僅か9000km程度です。これで20万もしませんでした( ✌︎'ω')✌︎

昨日苫小牧で引き取り、糸井という室蘭本線の無人駅の前(写真の場所)でタイヤ交換、強化スタンド化、オイル交換をしました。
元からついていたNR6がありえないほど硬いなか持ってきたBONSUNのスパイクタイヤに交換したのですごく時間がかかった。おまけにチューブ噛んで予備が1つになりました。
空気圧は前後1.00


12/28

この日、外でテント張ってたら朝4時に目が覚めました。
6時半くらいに気温計を確認すると-18℃

新十津川駅にて。
9時には迎撃できると言ってたんですが着いたのは9:30くらいだったようです。
正直のところ今までこのパァリィに会うのを目標にしていました。

左から、鉢の宿で一緒になったレンくん(これまだブログに書いてないんだよな)、僕、初対面のはらちゃんさん、いろんなところで出会うじゅえるさん。

結局旭川までは一緒に行って、僕とレンくんは旭川、他の2人と旭川で合流した1人の計3人は先に進むことに。

とりあえず明日夜に音威子府で会おうと約束してこれからは個人戦に。


12/29

快活クラブで。
左の1台はなんか2stです。海外から取り寄せたインジェクションをライダー自ら調整し、零下でも抜群の始動性です。

美深の道の駅で。

今日の目的地は音威子府ですが僕ら2人は稚内まで進むことにしました。
といっても単独で、あくまでも自分のペースで。

途中で久しぶりの転倒。

12月29日17時 稚内弾着

ビクトリアにて

稚内に着いてから最北の温泉「童夢」でじゅえるさんと合流し、ビクトリアというさわやかモドキ(ゲフンゲフン)で飯を食って北防波堤ドームで就寝。

こんな感じでムーンライトでくんずほぐれつしました。


12/30

「宗谷の下見して抜海にでも行こうや」ってことで昼前に宗谷岬へ。

NipponのKitaのPeakだぜぃ!
もう2人ともテンション上がりまくってウェーイ!!!!!!

で、この時結構風が出ていたので早めにテントを張ることに。
良い場所取れた。2番目やねー

なんやかんややってたら日がくれて来た。
抜海は明日にして宗谷で寝るべ。

じゅえる氏提供

いやー寒いですね。宗谷は。


12/31



いよいよ2016年も最後の日となりました。

残すは年越しのイベントのみですが、時間があるのでちょっとオロロンへ。


抜海港にて

アザラシが見れるって聞いてたんだけどなぁ
見れねえんだよなぁ...


抜海駅

今年の夏もキタナー


オトンルイとN45モニュメント。
オトンルイのむこうっかわまで行ってもN45が見あたらなかったのでソロソロ~と探していると、なんと風よけに隠れているではないか!!

年越しすき焼きして...
あっこれ途中で出会ったジムニーの超イケメンのおっちゃんにご馳走素ていただきました。ありがとうございます!

で帰って来たらこれっすよ。
にぎやいでるね〜

Twitterでいつも見ている界隈の方にカニ鍋いただいたり...

バカ2人はガラナで乾杯。

そうこうしているうちに花火が上がって年越しです。
2017年もよっろしくぅ!!!

とりま寝るナー


2017/1/1

・・・あばばばお早うございます。
花火で起こされました。(3時間睡眠なんだよなぁ...)

ひとまずキーホルダーをいただきました。

初日の出を拝んで

相変わらずのテンションである。

あー文章書くのめんどくさいナー
あとでまとめるから今は写真だけ。


1/2
昨日は男3人同じ旭川のネカフェで。
起きたら10時だった。

美瑛楽しい

蜂の宿には懐かしいものがありますナー
僕のガスケットリムーバーもあった。

18時ころ
三笠で温泉


1/4
あーあいだ書くのめんどくさいからもうゴールねー(笑)


またちゃんとまとめるから待っててねー



2017/01/14:シリーズのリンクを追加しました




にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

2016年12月23日金曜日

【2016-2017厳冬北海道ツーリング】序文


「宗谷岬でキャンプして年を越すバカが居るらしい。」

 バイクに乗り始めた頃、"目指すバイク乗りの像"みたいなのを探しているのかどうなのかはわかりませんが、インターネットでツーリングの記録を記したブログや某掲示板の「日本一周したから振り返る~」的な記事を読み漁った記憶があります。
 インターネットが一般大衆に浸透していなかった時代であれば、バイク雑誌やバイク屋さんなどからそういった情報を見聞きしていたのかもしれませんが、とにかく僕は漁るようにいろんな記事を読んでいました。

 その中でもひときわ気になったのが「日本一周」、そして「年越し宗谷ツーリング」。
カブを手に入れておよそ1年で前者は実現することとなりましたが、どうせなら時間があるときに後者もやってしまおう。


 そんなわけで、今度は年越し宗谷アタックに挑戦してみようかと思います。


 12月24日の25時、敦賀-苫小牧の便に乗り、少し用事を済ませたあと27日の朝から動き始める予定で、もちろん冬の北海道は初めてですので「宗谷まで行けたらいいな」ってくらいの気持ちで無理せずに走ってこようかなと。

 因みに某宝石氏とはCC京都かどこかで「行く?行くかも??」とかなんとか喋っていましたので残念ながらほとんど偶然じゃないです、はい(笑)


ではでは。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
苫小牧で用事...うん、なんだろう?
2016年12月18日日曜日

【日本一周2016】逃避行の果てに


本日の京都は、"寒空"という言葉が似合うような、そんな晴天でありました。

短時間でもバイクに乗っていると手先足先が凍え、ひとたび暖をとるにバイクを止めようものなら先に進むのが億劫になる――そんな季節がやってきたのです。
もっとも、このブログを見てくださっている皆さんは一足先にそんな季節の到来を感じていらっしゃると思いますが。



さて、6月5日にCC京都2016に参戦しそのまま日本列島をふらつく旅へ出た私ですが、本日無事帰宅いたしました。
総日数197日、総走行距離は22831.9km。

思えばまだ半袖で走るには寒い季節に出発し、白ナンバーだった愛車もいつの間にか黄色いナンバーになり、帰ってくる頃には路肩に雪が積もっているというので驚きです。
エンジン抱きつき回数およそ5回、エンジン換装回数1回とカブ君も満身創痍な状態ですが、なんとかレッカーは使わずに走破することができて嬉しい限りです。

Twitterやブログでコメントしていただいたかたには申し訳ありませんが、ほんの12時間ほど寝させてください。眠たいです(笑)


それでは、またどこかでお会いしましょう。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
2016年12月15日木曜日

【日本一周2016】さいきんさむくない...?(近況報告)

 去る11月の13日、沖縄県は那覇空港から石垣島まで飛行機でひとっ飛びし所持金700円(+お守り)の状態で空港から歩いて3時間かけようやく一服できる場所にたどりつきました。
 そこではじめたバイトも今月のはじめに終え、波照間やら与那国やらの飛行機代と沖縄本島からの帰りの船、そしてバイト中のお菓子代に大半が持ってかれる悲劇を乗り越え現在にいたります(違

 沖縄から鹿児島に戻ってくるとやはりというかなんというかとても寒かったのですが、南国気分で半袖生活していた僕には浦島太郎氏の気分がよくわかるくらいには急激な環境の変化でした。
 
 そんな環境の変化もあってか、最近いまいち体調が優れません。風邪とも少し違う感じがしますが、まあどちらせよ長時間走ってられない状態です。
ですので、野宿はさすがに厳しいため今日は広島は海田にある自由空間にPIT-INしております。

 ・・・しかし問題は明日からのルーティングです。
本当ならしまなみ街道を渡って四国へ行きたいところなのですが、今行っても楽しめないだろうなという疑念は尽きません。

ですので、ここは勇気ある撤退を選択したいと思います。

 一度家に帰って、年越し宗谷キメて(ぇえ!?)、学業の合間を縫って四国と福井を回ろう、と。
進軍にも勇気は必要ですが撤退にも勇気は必要です。
どうかみなさん、生暖かい目で見守ってやってください。



にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
comment here
2016年12月10日土曜日

【日本一周2016】43日目 道東を突っ切る(根室-帯広)

最近、日本で一番西にある場所へ行ってきました。
その最西端から望洋とした海を眺めていると海の色が変わっている部分が見えるんですよね。
場所的にも黒潮の流域だし、「あっもしかしてアレって潮の流れの違いで色が違って見えるんじゃね?!」ととってもテンションがあがったんですよ。

でもね、だんだんその色の境目が近づいてきて、しまいには雨が降ってきちまったんですよね。

・・・雨の境目かよ( ・´ー・`)ヘッ





2016年7月17日、日本一周43日目。

「「「日本で最もはやい日の出を、見たくないのか?」」」

昨日の夜、ライダーハウスに集まった旅人たちはそんな会話をしていました。

ここは北海道根室市の東端、納沙布岬にあるライダーハウス「鈴木食堂」。
最東端の裨の直ぐそばに位置するこの食堂では、様々な思いを胸に旅を続けている旅人が集まっています。
まあ僕はといえば「4突端制覇」以外に特に理由もなくこの場所に来たわけですが、せっかくだし早起きして日の出を見てやろうじゃないかと。

そうして昨日は比較的早い時間に床につきました。


▲納沙布岬の朝。
・・・が、翌朝。
目が覚めスマホを確認すると「7時云々」と、ほおけたような時間が画面に表示されていました。
あっちゃぁ......寝坊したわ...(笑)

でもテントから出てあたりを確認してみると霧で真っ白です。
もしかして?と思って近くに居た旅人に聞いてみるとどうも明け方からずーっとこんな調子で日の出なんか見れたもんじゃなかったそうです。

こういうとき、別に得したわけでもないのに何故かホッとするんですよね(笑)


さて、前の記事でおあずけにしていた件についてです。猫のことですね。
「もう一回根室へ行きたいと思う理由」ですね。

僕は前述の通り日本で一番早い日の出を見ることが叶わなかったので、「その雪辱を晴らすべく行く」のもまあひとつの理由です。

でもね、ここは鈴木食堂。そう、食堂なんです。

▲さんま丼
さぁ、この写真を御覧ください。
こちら、「鈴木食堂名物・さんま丼」です。

なんだサンマかよと思う方、ちょっと待ってください。サンマって青魚ですよね。
つまり生でなんか食ったら青臭いはずです。

でもね、ここのサンマはまるで臭くない!!
しかも絶妙なタレがサンマと絡んで...んぬぬぬ!絶品!!!!
秋川雅史も千の風になるレベル。この旅でダントツの旨さです。

もう一回食いに行きたいと強く思います。

そう言えばこの前紹介するのを忘れていました。
こちら日本一周同胞のだん吉さんの自転車です。
Twitterでちょくちょく見かけていましたが偶然同じ宿になりましたね~。

いやぁ~自転車乗りってすごいです。僕ももう一回日本一周するなら自転車で行きたいですね。

あと、CLがいました。
実はこれ、稚内のライダーハウス・みどり湯で占い師やってたかたのバイクです。
珍しいですから大切に維持してほしいですね~


さて、ぼちぼち移動しましょうか。

うーん、まあこの日はほとんど観光せずに帯広まで延々走るだけだったのでそんなに面白くありません。
天気もあまりよろしくなく、湿原のある釧路市もこの通り真っ白でしたのでスルーしました。

▲(゚∀゚)o彡゜おっぱい!おっぱい!
とっとと走りたかったので観光といえばここで看板撮ったくらい。
これって観光って言っていいの?(笑)

悲しいお知らせもあります。
常用していた上着のチャックが死にました。Ah! MEN.


小雨の降るなか、延々走って帯広着。
この木造の建物は「大正カニの家」。我々の認識では「ライダーハウス」に当たるのですが建物内の説明を見ると「カニ族」のための宿泊施設であることがわかります。


「ん?カニ族??北海道にはアイヌ民族のほかにカニ民族なんてもんが居たのか!!」

いえ、違います。
カニ族とはバックパックを背負って歩く姿がカニのように見えることから名付けられた、道内を旅する人々のことです。つまりバックパッカーですね。
聞くところによると昔のバックパックは横長だったとか。それでカニっぽく見えたってわけですね~

▲こうみえて箱一緒なんですよ。KV-540
おなじみのバイクが停まっていますね(笑)
この他に、CLの占い師さんも一緒でした。

外観からわかるように、このカニの家は結構立派な造りになっています。
ログハウス風、といいますかもはやログハウスですね。
建物自体はすごく新しいのですが、どうやらそのルーツは大昔からのものだそう。
なんでも、昔は帯広駅の前に臨時でテントが張られ、それをカニの家と呼んでいたそうな。

▲IHまで完備しているし、シャワーもある。

▲このクオリティで、なんと無料。

▲カツゲンは正義ですな。

道内を旅するカニの皆様、機会があればぜひ。



きょうはここまで。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
雨の中延々走ってたどり着いた宿で温水が浴びれるって結構贅沢だぜ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...