僕らの歴史

0.概要

 このページは僕のカブの歴史をまとめたページです。ちょくちょく更新していくので興味のある方は流し読んでください( ^ω^)
 また、"◯型"等の表記方法は旧日本軍零式艦上戦闘機の表記を模しております。中二病です。

別ページより移植したためコメントが消えてしまいました。
申し訳ありません(´;ω;`)

ページ内リンク(現在リンク不良):
        1.Jasmine
        2.亀山
           3.COSMOS




1.Jasmine




車種:リトルカブSP(2005)
型式:BA-AA01/AA01E(現在C70E)
着任:2015年3月20日
初期ODO:25776km

 どうしてもこのカラーのキャブ車が欲しかったがなんと限定車らしく値が張った。
届いてすぐキャリアをSTD系標準キャリアに換装しアイリスオーヤマのRV-460を標準装備に。
エンジン・吸排気はフルノーマルのリトルカブ用。一時期アウスタのモナカマフラーを装着しようとしたけどアレペダル干渉するのよね(´・ω・`)
 2015年の長距離ツーリング、2016年の富士カブミーティング遠征、日本一周ツーリングにて活躍。
 エンジンについては初代のAA01Eが'05年、2代目のC70Eが最終型つまり'98年か'99年の製造です。C70Eに関してはP/Lを持っていない僕を見かねたBaker7さんに調べていただきました。ありがとうございます。

・改修履歴
2015/08/03  アウスタマルチリフレクターライト取り付け
2015/08/03  アウスタベトナムキャリア取り付け
2015/09/20  アウスタB級モナカマフラー取り付け
2015/10/11  リアサスペンション交換 リトル純正->タケガワ
2016/05/27  リアキャリア交換 スーパー用->プレスカブ用
2016/10/06  フロントサスペンション交換 リトル用->YSS製
2016/10/06  前後ホイール交換 14in->17in
2016/10/06  前後ドラム交換 BA-AA01(2005年)リトル用->HA02(年式不明)スーパーカブ90用110mm
2016/10/06  フロントフェンダー交換 リトルカブ用->スーパーカブ用
2016/10/06  スイングアーム交換 リトルカブ用->HA02スーパーカブ90用
2016/10/06  LEDサブライト増設(10W x 2基)




・一号二型(AA01E)

 2015年年末から2016年初春にかけてのOH&4速化による。
 ミッションはAA02EのリトルカブDXより外した新品を流用。ミッション組み立て時、AA01のサービスマニュアルの図と若干合えあなかったが問題なかった。
 OH内容は90クラッチスプリングへの交換、フリクションディスク交換、ピストンリング交換、カムチェーン交換。





・一号三型(AA01E)

「6角レンチで取り外し出来るから」と安易な考えで導入した社外のフランジナットがリカバリ不能なレベルで破断。
 泣く泣くヤフオクで'87の純正50ヘッドをカム、ロッカーアームごと落札、4月9日午後3時に到着し2,3時間で換装ののち盛大な排気漏れとともに富士カブミーティング2016へと旅立つ(フラグ)。
 走行900kmほどの程度の良いヘッドであった。





・一号四型(AA01E)

 日本一周中、NSR250とマスで走っていると三型エンジンが青森付近でオイル漏れを起こす。
継ぎ足しながら走るも北海道はニセコパノラマラインン上りにて2速で抱きつく。その後何度か抱きつきを起こし、美瑛町は蜂の宿にてKITACO75ボアを導入。
 しかし試走の美瑛-旭川復路にて抱きつきを起こしその後常時甲高い異音がするようになったため五型へ移行。
 ちなみに抱きつきの原因は前に使用していたプラグを使って燃調を見ていたため。



・二号一型(C70E)

 さてどうしよう。もう一度75ボアを購入しOHに踏み切るもよいが流石に怖い。
 そんな時ヤフオクを眺めていると走行19000kmほどのフルノーマルC70Eが3万円ちょいで出品されていた。
「まさかこの走行距離のC70Eが3万で売っているわけがない。メーター一周しているのでは?」と思いつつもポチッ。なぜか自分以外に入札するものもおらず、すんなりと落札。
届いたエンジンにはハーネスとキャブレターがついており、とりあえずキャブとCDIとともにエンジンを載せ替える。
 その後の試走でバックファイア、アフターファイア、白煙などの以上に見舞われるもクリッピングポイント製PZ19に換装するとバックファイアのみにおさまった。
バックファイアは432先生に見てもらって治った。

 他に問題点があるとすればカムチェーンの音がうるさいくらいだが、どうやら本当に19000kmしか走っていない個体のようだ。
(参考画像が無いので僕がゲームで負けた時の画像です。)



・二号二型(C70E)

 日本一周で酷使した二号一型エンジンは異音に次ぐ異音と白煙の嵐でその人生を全うした。ブローしたわけではないがしかし最高速は全盛期の70%ほどと、次の瞬間には息を引き取りそうな状態だったのでOHに踏み切った。
 アルバイトで貯めた軍資金を、当初はニカジル80cc+5速ミッションTypeNに投資しようと考えたがあまりにも高価であったのでニカジル80ccのみを採用。エンジン構成は12V70ヘッド+ニカジル80ccボア+C70E41.4mmクランクシャフト+C70E腰下、これに手持ちのCM系4速ミッション+CM系プライマリドリブンギア(薄型)である。キャブレターはこのC70Eに付属していたPB16キャブをOHして使用する。

2017/05/14現在、なぜか異音と振動に見舞われているため近々入渠予定(´・ω・`)




2.仮称2ごうさん亀山




車種:スーパーカブSTD(2008)
型式:JBH-AA01/AA02E
着任:2015年月日
退役:2016年9月23日
初期ODO:km

 近所のおばあちゃんが乗らないカブを譲り受けたもの。
2007年の排ガス規制に対応すべく開発されたいわゆる「初期インジェクションカブ」。AA01系の車体にAA02Eという黒塗装のインジェクションエンジンを乗っけた奴で、つまり今のリトルカブと似たようなもんですね、ハイ。
 生産は2007年から2012年のフルモデルチェンジ時まで。結構レアな部類に入るが出力が3.4PSと低いことや旧フレームへの燃料ポンプ増設によるタンク容量の低下等、排ガス規制への"間に合わせ"感も否めない。

 しかしそこはありあまる愛でカバーだ。

主に15年年末~16年初春までのJasmineOH時の足として活躍した。
その後2016年9月23日に友人氏(U君)のもとへと旅だった(´;ω;`)ブワッ

2017年1月なかごろ、U君との話し合いの結果「亀山」という名前に決定した。
亀山ってなんだよオラァ



3.COSMOS





車種:スーパーカブ110(20??)
型式:EBJ-JA07/JA07E
着任:2016年12月26日
初期ODO:8416.8km

 新日本海フェリーで舞鶴から小樽へ渡り、電車を使って苫小牧駅の次の次の駅、JR糸井駅まで移動。2016年12月26日、雪の降る北海道での納車であった。
なぜ敦賀-苫小牧便を使わなかったのかは【2016-2017厳冬北海道ツーリング】前日談、1日目(小浜-小樽)を見て頂けるとわかると思う。

 駅で引き渡しが行われ、持ってきたスパイクタイヤへの履き替え、オイル交換や強化スタンド化、バッテリー交換をその場で行う。
 そしてそのままま冬の北海道へ納車走り納め初め年越し宗谷ツーリングへと旅立つ。何言ってんだこいつ。


0 件のコメント: